インド留学 大学進学、大学院進学

~インドへ留学しよう~

国際金融や技術協力分野で、日本とアジアとの関係は急速に緊密さを増しています。
同じアジアの国でありながら、文化や習慣で差異の多いアジア圏の国に留学し、グローバルな感覚を養うことは、近い将来大いに役立つ経験となることでしょう。

インド留学 univ1 インド留学 univ2 インド留学 univ3

→ナマステジャパン大学進学サポート詳細はこちら

~大学留学概要~

インドには、国立大学(セントラルユニバーシティ)、州立大学、私立大学、準大学、州政府公認の専門カレッジなど、1,500校以上の大学レベルの高等教育機関があります。IIT(インド工科大学)など、トップ校は入試倍率が100倍にもなる超難関校。卒業生は、欧米の名門大学院に進学したり、有名企業に就職しています。

インドの大学は、入り易く、卒業が難しいと言われますが、十分な語学(英語)力があり、高校の成績(GPA)が2.5以上であれば、中級レベル以上の大学に合格可能です。ただし、入学後の授業は厳しく、出席率や試験の成績が基準に満たないと、容赦なく落第させられます。
インドの大学課程は多くの文系学部で3年、理系学部で4-6年となっています。文系学部であれば、1年間しっかりと語学を身につけてから(大学入学後は多くの場合ヒンディー語も必要になります)てから大学に進学しても、4年間で修了することが可能です。

インド 大学教育の特徴


授業は英語で行われる
  • インドは、アジア新興国の中で最も進んだ高等教育システムを持つ国の一つです。英語で授業を受けることができるので、中東諸国や周辺の国々から多くの留学生がインドの大学で学んでいます。

費用が安く、就学期間が短い
  • 就学期間が短い。多くの文系学部の修業期間は3年間です。語学学習に1年をかけたとしても、総期間4年で、大学卒業資格を得ることができます。尚、理系学部は、大半のプログラムが4年以上のコースです。
  • 費用が安い。授業料は、ビジネス、社会科学などの文科系コースで年間30万円~60万円程度。ITやエンジニアリングなど理科系コースで年間50万円~80万円程度です。滞在費や生活費を入れても年間100万円~150万円程度で留学できます。

コース内容
  • インドの大学教育では、Employability(企業や組織に就職したり転職したりできる能力)が重視されています。カリキュラムにインターンシップを含む実践的なコースや職業訓練的な要素を含むコースが数多く開講されています。
  • インドの大学で編入を認めている大学はあまりありません。
  • インドの多くの大学では、出願時に英語力の証明(IELTS等の結果)の提出は求められません。また、大学内に学生向けの英語コースが設けられていたり、文系コースでは、カリキュラムに英語クラスが含まれているプログラムもあります。
  • インドの修士コースは、1-2年で設定されています。修士課程と博士課程の間にM Philという課程を設けているコースもあります。

インド留学 univ4 インド留学 univ5 インド留学 univ6

インド大学進学サポート
インド語学留学

インドの教育制度

インドの学校教育の標準モデルは、初等学校(5年/6~10歳)、上級初等学校(3年/11~13歳)、中等学校(2年/14~15歳)、上級中等学校(2年/16~17歳)、高等教育(18歳~)となっています。高等教育機関には大学、大学院などがあり、修業期間は一般に、大学学部が、芸術/文科系3年、技術系4年、医学系5年、大学院修士が社会科学系1年、その他2年~です。 
また、社会科学系学生の大学院進学率は高く、大学学部生活と合わせ、4年間で大学院修士(MBA等)の資格を取得して社会に出て行く若者も少なくありません。

入学試験

インド人学生の場合、大学ヘの入学者は、通常、上級中等教育修了試験の成績により選抜されます。一方、留学生の場合は書類審査のみで合否が決まる場合が多く、IITやデリー大学などの最難関校を除き、高校までの成績が平均点以上(50%以上)であれば、ほぼ入学が認められます。また、アメリカやイギリスなどの大学と違い、一部の有名校、名門校を除いて、出願時にTOEFL、IELTSなどの語学力の証明の提出は求められません。 また、入学後のカリキュラムに英語クラスが含まれることもしばしばあります。

出願締め切り、入学時期

留学生の出願締め切りは、多くの学校が3月中旬~末となっています。(大学院や一部の学校は、前年の12月締め切りということもあるので、注意が必要。)また、新学期は6月、または7月からというのが一般的です。(4~5、6月は気温が高く、いわゆる夏休みを設けている学校が多い) 留学生の出願は年間を通して受け付けている学校もあるので、留学を決めたのであれば、早めに出願手続きを済ませる方が、選考は有利になります。

また、1月など、学年途中からの編入を認めている学校もありますが、インド人学生が優先であり、留学生が編入できるチャンスはかなり限られます。

学費について

インド人学生に比べ、留学生の学費は高めに設定されているケースが多いとは言え、現地での生活費なども含めて考えれば、インドの大学への進学は日本の大学に進学する場合に比べ、かなり安いと言えます。

インド大学 学費例 (大学学部レベル)

  • デリー大学:外国人登録料/US$300、施設費/US$100、授業料/Rs.6000~6500/年、寮費/Rs.1600~2000/月、雑費/Rs.4500~/月 (以上から1年の学費の概算額:約¥50,000)→外国人学生登録案内
  • ジャワーハルラール・ネルー大学:理系/US$750/学期、理系/US$500/学期、雑費/US$100/学期(以上から滞在費を含まない、1年間の学費の概算額:¥50,000~¥70,000) →学費一覧
  • グラフィック エラ 大学:登録料/US$750、授業料(理系)/US$6000/年、授業料(文系)/US$4000/年、その他入学金・施設費・テスト代など/US$800/年 (以上から滞在費を含まない、1年間の学費の概算額:文系約¥450,000、理系約¥600,000) →学費一覧

専門学校(専門コース)への進学

大学、大学院の学位取得コース以外にも、IT、アニメーション、ビジネス、環境、アーユルヴェーダ、ヨガ、インド料理、ダンス等いろいろな専門コースが開講されています。期間も1ヶ月~1年程度のものまで様々です。申込時に語学力を問われることは多くはありませんが、大半がインド人学生向けのコースですので、十分な語学力を身につけておく必要があります。また、週2~3時間という場合は、フルタイムの留学生向け語学スクールと並行して受講することもできます。

インド留学 univ7 インド留学 univ8 インド留学 univ9

大学、大学院、専門学校進学サポート

 →ナマステジャパン大学進学サポート詳細はこちら

ナマステジャパンは、インド国営の大学審査機関がAランクに認定し、且つ、留学生の受け入れに積極的な大学の出願手続きをお手伝いしています。詳しくは、メールにてお問い合わせ下さい。

また、以下の語学学校では、在籍している学生を対象に大学の出願をサポートするサービスを行っています。大学出願前に、インドでの語学留学をされる方にはお薦めです。

  • スタンフォード イングリッシュ アカデミー/ナビ ムンバイ
    学校を指定して申し込むと、出願方法の確認(時期、必要書類など)、案内、出願書類の提出を代行してくれます。費用はUS$600です。ムンバイ周辺を中心に、大学、大学院、専門学校等広く対応しています。

     Stanford English Academyの紹介ページへ

インド留学 univ10 インド留学 univ11 インド留学 univ12

インド政府奨学金制度

日本に居ながら、手続きを確実に進める方法としては、各大学の交換留学制度を利用するほかに、インド政府の奨学金制度を利用する方法があります。
これは、インドの政府機関であるICCR(Indian Council for Cultural Relations)が行っている奨学金制度で、世界の各国から数千名の留学生を募集している。日本人枠は10名。毎年1月頃募集要項が発表され、ICCRが指定する受け入れ校の中から、希望(3校)を出し、出願することができます。出願書類を提出後、日本のインド大使館で試験、面接を受け、後日大使館から受け入れ可能校及び、コースが提示されます。
2016年度の募集要項は、以下の通り。詳しくは、日本学生支援機構ホームページにて、ご確認下さい。

インド政府奨学金

1. 募集人員: 10名
2. 専攻分野: インドの大学で専攻できる分野(ただし、医学、歯科、看護分野は対象外)
3. 受入機関 インドの指定大学及び研究機関 ※ INDIAN COUNCIL FOR CULTURAL RELATIONSのウェブサイトで確認。
4. 給費期間 2017年授業開始月~卒業(学位取得)まで(詳細は確認すること) ※受入機関及び課程決定後の変更は認められない。
5. 待遇 奨学金支給
学部:月額 5,500ルピー
大学院:月額 6,000ルピー
博士課程中期(研究修士)・博士課程:月額 7,000ルピー
ポストドクター研究:月額 7,500ルピー
授業料等納付金免除
宿舎費 第1級都市:月額 5,000ルピー その他の都市:月額 4,500ルピー
臨時費用(書籍や文房具購入のために毎年支払われ、課程修了まで支給される) 学部:年額 5,000ルピー 大学院:年額 7,000ルピー 博士課程中期(研究修士)・博士課程:年額 12,500ルピー ポストドクター研究:年額 15,500ルピー
医療費支給(歯科など一部の治療を除く) ※受入機関付属のメディカルセンター等や政府の病院に限る。
論文作成費支給(給費期間内に一度のみ支給される) 博士課程:10,000ルピー 上記以外の課程(研究計画の提出が求められる):7,000ルピー
※日本・インド間の往復旅費は支給されない。
6. 応募資格 日本国籍を有する者
学歴: 博士課程修了レベル:博士課程修了者(2016年3月修了見込みの者を含む) 博士レベル:修士号取得者(2016/3取得見込みの者を含) 修士レベル:学士号取得者(2016/3取得見込みの者を含) 学部レベル:高等学校卒業者(2017/3卒業見込みの者を含)
十分な英語の能力を有する者 健康な者 今までにインド政府奨学金(ICCR)を受給していない者、及びインドで学んだことのない者。
学士課程で理工学系コースを希望する者は高校卒業レベルの物理学、化学、及び数学の知識が必要である。
7. 出願手続 出願書類 (1)英文書類、 (2)和文書類
出願書類提出先
(1)英文書類:駐日インド大使館教育部
(2)和文書類:独立行政法人日本学生支援機構 留学生事業部留学情報課(郵送のみ)
出願書類提出期限:英文書類:2016年12月31日(木曜日) 午後4時必着  和文書類:2016年12月28日(月曜日) 午後4時必着
8. 選考 国内選考:語学(英語)試験(筆記)、面接試験 試験日:2017年1月8日(金曜日)(予定)
場所:駐日インド大使館 ※日時については後日、駐日インド大使館から応募者本人に電話で連絡される。
最終決定 ICCRが選考し、駐日インド大使館を通じて後日通知される。

インド政府ヒンディー語研究奨学金

1. 専攻分野
ヒンディー語
2. 受入機関
Kendriya Hindhi Sansthan (Central Institute of Hindi, Agra)
3. 給費期間
1学年間(2017年8月1日~2018年4月30日)
4. 待遇
奨学金:月額 3,500ルピー
国際便往復渡航費(エコノミークラス最短距離分)支給
書籍代:年額 1,000ルピー
5. 応募資格
日本国籍を有する者
健康な者
21歳以上35歳以下の者(2016年8月1日現在)
高等学校を卒業している者
ヒンディー語を少なくとも1年学んでいる者
6. 出願手続
出願書類
(1)出願書(所定用紙) 4部
(2)最終学歴の卒業/修了証明書 4部
(3)高校以上の学業成績証明書 各4部
(4)経歴書(所定用紙) 4部
(5)帰国誓約書(所定用紙) 4部
(6)推薦状(所定用紙) 4部
(7)健康診断書(所定用紙) 4部
(8)ヒンディー語能力証明書 4部
(9)写真 4枚
※所定用紙は駐日インド大使館に電話で請求すること。
※出願書類は全て英文で作成すること。
※(3)高校以上の学業成績証明書は(1)出願書20.に記載した成績を証明する書類を提出すること。
※(6)推薦状は日本の大学、研究機関に在籍する教授等か言語学、ヒンディー語学を専門とする者に依頼することが望ましい。
※(8)ヒンディー語能力証明書は(1)出願書17.に記載した語学能力を証明する書類がある場合のみ提出すること。
※(9)写真4枚は、(1)出願書にそれぞれ貼付すること。
※上記書類のうち、(1)(4)(5)(6)(7)(8)は原本1部、コピー3部を提出し、(2)(3)はコピー4部を提出すること。 (2)(3)の原本は各人で保管しておくこと。
出願書類提出先
駐日インド大使館教育部
(受付時間:月曜日~金曜日 9時30分~午後5時)
〒102-0074 東京都千代田区九段南2-2-11
TEL:03-3262-2391
※出願封筒の表に「2015年度インド政府ヒンディー語研究奨学金留学生出願書類在中」と朱書の上、簡易書留または宅配便で送付するか、持参すること。
出願書類提出期限
2017年2月27日(金曜日)午後5時必着
7. 選考
受入校によって書類選考が行われ、結果は駐日インド大使館を通じて直接応募者本人に通知される。
8. 留意事項
留学中は宿舎に滞在し、宿舎の食事をとること(宿舎管理費250ルピー及び食費約1,200~1,500ルピー(月額)は自己負担。食事はベジタリアン料理が提供される)。
冬期休暇は12月~1月にかけて12~15日間与えられる。
欠席は15日間まで認められる。なお欠席の認定には診断書の提出が必要である。診断書の提出がない場合は1日の欠席につき50ルピー支払わなければならない。1学年は8月~12月と、1月~4月の2学期からなり、1学期あたりの出席日数が80%に満たない場合は試験を受けることはできず、帰国の際の渡航費も支給されない。
原則として、規定の期間を終えずに帰国することは認められない。
提出された書類は一切返却しない。
本奨学金に関する問い合わせは、駐日インド大使館教育部に行うこと。
安全で有意義な留学のため、本奨学金に応募する者は志望校等を選定する際および奨学金留学生に決定し渡航する際には、各自で必ず事前に留学先国・地域の治安状況等の安全情報をはじめとする留学に関する情報を収集すること。なお、情報収集にあたっては、公的な留学情報機関である「独立行政法人日本学生支援機構」のウェブサイトや海外でのトラブル防止に役立つ世界各国の治安情勢や滞在中の留意点などの安全情報を提供している外務省の「海外安全ホームページ」を活用すること。

インド各地の日本人会

インドの主要都市には、現地駐在員の方などが中心となった日本人会があり、様々な情報提供や交流を行っています。大学進学などで長期の滞在になる場合、現地の日本人会と連絡を取っておくと良いかもしれません。


インド留学のお問合せ、ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。

インド留学 ご相談・お問合せはこちら


AIG損保の海外留学保険
AIG損保のサイトへジャンプします
留学中の現金管理 キャッシュパスポート
留学中の現金管理
欧米留学 シュプラッハカフェ
欧米留学 シュプラッハカフェ